BASFとホンダ、二輪車用排ガス浄化触媒の共同開発でエジソン特許賞を受賞

業界 レスポンス

BASFと本田技術研究所の共同研究チームは11月12日、二輪車排ガス規制に適合する世界初のベースメタル触媒の開発が高く評価され、「2015年トーマス・アルバ・エジソン特許賞」を受賞した。

同賞は発明王トーマス・エジソンにちなんだ特許に関する世界的な賞。エジソンが研究活動の拠点とした米国ニュージャージー州で出願された特許案件の中で、優れた科学的発明に対して授与される。今回受賞した共同研究チームのメンバーは、BASFのPascaline Tran氏、 Xinsheng Liu氏、Ye Liu氏、Mike P. Galligan氏、Qinglin Zhang氏、本田技術研究所の堀村弘幸氏と岩佐晃子氏の7名。

現在二輪車メーカーは、各種排ガス規制に対応するため、二輪用排ガス浄化触媒の有効成分として貴金属であるプラチナやパラジウムなどの白金族金属(PGM)を使用している。今回、共同研究チームが開発したベースメタル触媒は、2輪車の排気ガス制御のために金属製担体上にコーティングされ、有害な汚染物質を除去するためエンジン排気系に配置するもの。世界最大の二輪車市場であるインドの二輪車排ガス規制に適合する世界初のベースメタル触媒として注目を集めている。

触媒の原料にベースメタルが利用できるようになると、供給の安定性と価格面での優位性が実現し、二輪車メーカーに大きな恩恵をもたらすことになる。BASFと本田技術研究所は、厳格化が進む二輪車の排ガス規制に対応する研究プロジェクトに今後も連携して取り組み、2016年にはベースメタルを利用した触媒技術のメリットに関する研究論文を共同発表する予定だ。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ