【WRC 最終戦】VW圧勝、全13戦中12勝でシーズンを締めくくる

モータースポーツ レスポンス

フォルクスワーゲンは、世界ラリー選手権(WRC)第13戦(最終戦)「ラリー・グレートブリテン」に市販車をベースとした3台の『ポロ R WRC』で参戦し、セバスチャン・オジェ選手が自身通算32回目の優勝を飾った。

すでに3年連続のワールドチャンピオンを確定しているVWは、2015年シーズン最終戦を勝利で締めくくり、シリーズ全13戦中12勝という圧倒的な戦績を残した。

11月12日から15日に開催された「ラリー・グレートブリテン」は、英国ウェールズで開催されるグラベル(未舗装路)ラリー。ラリーは12日の夕方に行われたセレモニアルスタートを経て、13日から本格的な競技がスタートした。

先頭スタートのオジェ選手は、通常のグラベルラリーであれば砂利掻き役となるが、雨に見舞われたラリーでは路面状況の良い部分を選んで走ることができる場合もある。それも有利に働き、オジェ選手は初日に設けられた6か所のスペシャルステージ(SS)のうち、5SSでトップタイムを獲得し首位を快走した。

14日の競技2日目も上位陣の戦況は大きく変わらず、オジェ選手は着実な走りで2番手のライバルとの差を広げて首位を堅持。ミケルセン選手も3番手を守った。そして最終日の 15日も、上位陣はそのままの順位でフィニッシュ。オジェ選手はチャンピオンの貫録を見せて自身32勝目、今シーズン8勝目を獲得した。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • WRC第13戦 VWポロ R WRC
  • WRC第13戦 VWポロ R WRC
  • WRC第13戦 VWポロ R WRC
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ