トヨタ、持続的なモビリティ社会に向けたビジネスプランコンテストを米国で開催

業界 レスポンス

トヨタ自動車は現地11月13日、米国サンフランシスコで、新しいクルマづくりや楽しみ方につながるビジネスプランを競うイベント「Toyota Onramp 2015」を開催した。

同イベントは、自動車業界やトヨタの従来の考え方にとらわれない、新しい発想による革新的な商品・サービスを見出すことを目的として開催。昨年に引き続き、オープンイノベーションという手法を採用し、予選イベントにはシリコンバレーのベンチャー企業、起業家など40チーム以上が参加。予選を通過した10チームが当日の本選に挑んだ。

今年は各参加者が、持続的なモビリティ社会構築に向け、パーソナルモビリティ『i-ROAD』を用いて、サンフランシスコ地区の都市交通システムが抱える課題を解決するためのビジネスプランを提案。同地区では人口増加に伴い慢性的に渋滞が発生するとともに、街中で駐車場を見つけることが難しいなど、車両増加に伴う課題を抱えている。

審査の結果、Jason Weinerチームが優勝し、賞金1万5000米ドル(約185万円)を獲得。同チームは、利用者に応じて車両設定を変更し、免許のない学生でも利用できるスクーターモードや、高齢者により充実した移動の機会を提供する電動車モードを設定し、様々な層の利用者に移動の自由を提供するというプランを提案した。

トヨタは今後、優勝チームとともに提案プランの実現性を検証する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • Weiner氏と谷中壮弘氏(i-ROAD開発担当)
  • 受賞チーム
  • パネルディスカッション
  • プレゼン中の谷中壮弘氏(i-ROAD開発担当)
  • i-ROAD試乗会
  • MIRAI試乗会
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ