【ロサンゼルスモーターショー15】1時間5ドルでEVを借りてuberドライバーとして仕事できる…新サービス「EverCar」

新車 レスポンス

11月17日(現地時間)、コネクテッドカーエキスポがロサンゼルス、JWマリオット・ホテルで開幕した。ここでプレスカンファレンスを行った企業の一つビジョンフリートが、電気自動車(EV)レンタルの新サービス「EverCar」を発表した。

EverCarは、タクシーのように利用できるUberやLyftといった配車サービス専用のEVレンタルサービスだ。利用者は1時間5ドルでEVをレンタル、この車両を使ってUberやLyftのドライバーとして仕事ができる。燃料代(充電代)、洗車代、メンテナンス代、保険料がすべて含まれており、利用者は送迎だけに集中できる。

すでにロサンゼルス市内で12台が試験的に運用されており、来年の一月にはロサンゼルス以外の都市でもサービスを開始、合計100台以上のEVがEverCarを通して走り回る予定だ。

使用される車両はすべて日産『リーフ』。担当者によると、およそ3時間に一回は充電が必要になるものの、急速充電を使えば80%までの充電が20〜30分ほど。休憩している間に充電しておけば、特に問題だと思わないだろうと説明する。

また、5ドルという価格設定については「燃料代などの諸費用を考えれば、自分が持っている自動車を使って(Uberなどの)仕事をするよりも割安。クルマを持っていない人もEverCarを利用してお金を稼ぐことができるようになる」と、その経済性をアピールした。

アメリカを訪れる際、配車アプリを使うと当たり前のようにEVが迎えにくる…そんな日は間近に迫っている。

  • 関 航介
  • ビジョンフリート プレスカンファレンス(コネクテッドカーエキスポ15)《撮影 関 航介》
  • ビジョンフリート ブース(コネクテッドカーエキスポ15)《撮影 関 航介》
  • 日産 リーフ (米国仕様)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ