ソフトバンク、国内最大の介護タクシー組織向けにハンディ型IP無線機を納入

業界 レスポンス

西菱電機とソフトバンクは連携し、日本最大の介護タクシーの全国組織である日本福祉医療輸送機構(JWMTO)向けにハンディ型業務用IP無線機「ソフトバンク301SJ」を11月16日から納入開始した。

JWMTOは、介護タクシー(福祉タクシー)利用者の利便性向上や安全確保、介護タクシー業界の知名度向上を目指すために設立された、約2200の事業者が加盟する日本最大の介護タクシーの全国組織。

輸送環境の整備や、今後到来する超高齢化社会に向けて、介護タクシーの需要が高まることが予想されるほか、国土交通省が2020年度末までに2万8000台に増やす目標を掲げるなど、介護タクシー業界は急成長する見込み。

今回納入する「ソフトバンク301SJ」は、持ち歩きに便利なハンディ型の業務用IP無線機で、ソフトバンクの移動通信サービスエリア内ならどこでも通信・音声通話が可能なほか、プレストークによる一斉・グループ・個別の呼び出し、GPSによるトラッキング、動態管理などにも対応する。

JWMTOを通して、加盟する全国の介護タクシー事業者やドライバーに「ソフトバンク301SJ」を導入・携帯してもらうことで、車中でも、顧客対応時や待機時などの車外でもコールセンターからの配車受け付けや、他の車両との連携を図ることが可能となる。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ