三菱電機、自動車部品の金型加工に適した形彫放電加工機を発売

業界 レスポンス

三菱電機は、形彫放電加工機「EA-PSシリーズ」の新製品として、自動車部品の金型加工に適した「EA12PS」を11月25日から発売する。

「EA12PS」は、独自適応制御「IDPM」の搭載で、グラファイト電極加工に加え、高品位の銅電極加工にも適用を拡大できる。ジャンプ制御機能「SS JUMP」により、毎分25mの高速移動を1.6Gの高加速度で実現し、従来製品から加工速度を最大40%向上する。高剛性構造体と高精度仕様により高速・高精度な形彫放電加工を実現する。

新開発の微細仕上電源「FP-PS電源」搭載により、面あらさは業界最小のRa(算術平均あらさ)0.05μm(NP2回路使用時)を実現する。光沢仕上機能「LLTX」によって金型の磨き作業の削減と離型性を向上した。最大毎分4.5g(グラファイト電極-鋼材加工)の高速荒加工を実現する。難削材加工回路を標準搭載し、金型加工以外にも工具の部品加工など、幅広い用途へ対応できる。

製品は、世界市場向けハイグレードモデルとして名古屋製作所で生産し、中国市場向けは、中国の三菱電機大連機器で生産する。

国内での価格は1650万円で、2016年度に200台販売する計画。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ