メルセデス・ベンツ日本、新車整備センターの整備台数が累計100万台

業界 レスポンス

メルセデス・ベンツ日本株式会社(以下MBJ)は、現在愛知県豊橋市と茨城県日立市の二カ所で展開している新車整備センター(Vehicle Preparation Center:以下VPC)の新車整備台数が100万台を達成したと発表した。

11月19日、デリバリーコーナーに於いて、100万台目のオーナーへの納車式が模様された。会場にはメルセデス・ベンツ日本関係者、豊橋・日立のVPC職員をはじめ、佐原光一豊橋市長、豊橋VPCを運営するMBJのビジネスパートナー株式会社上組の深井義博社長、累計100万台の販売台数を積み上げた全国の販売会社を代表して株式会社ヤナセの井出健義社長など多数があつまり、25年目にして達成した快挙を喜び、この記念すべき納車式を祝った。

VPCは日本のユーザーの為に、ドイツをはじめとする世界各国の生産工場から輸入された新車の最後の点検と、日本の交通法規に適合させ、日本の道路で快適かつ安全に乗れるように仕上げをする「メルセデスベンツ生産ラインの最後の締めくくり」という位置づけの施設。

優れた立地、高いコストパフォーマンスを誇り、輸入車の陸揚げ台数日本一を誇る豊橋市の三河港。その中でも昨年から今年にかけてのメルセデスベンツは最大のシェアを誇る。リーマンショックのあと、VPCを一度日立の一か所に整理したものの、東日本大震災のあと、豊橋で急遽VPC業務を開始し、昨年、さらなるラインナップの増強のために再び豊橋にVPCを開設。今回の節目を迎えた。

100万台目のクルマは『AMG C63S エディション1』。東京都港区在住の自営業、伊藤博さんに納められた。「こんなサプライズは初めて、次もメルセデスベンツを買う」とメディアの問いかけに対して嬉しそうに語った。

  • 中込健太郎
  • 全国の陸運局への申請が整い、11月19日からは全国のお客様のクルマの封印をこの豊橋のデリバリーコーナーで実施できるようになった。すなわち、デリバリーコーナー納車式の対象地域が全国へ拡大した。品川ナンバーのこのクルマも我々の目の前で封印された。《撮影 中込健太郎》
  • 記念すべき1台の納車を記念し、オーナーの伊藤さんに上野金太郎MBJ社長からマスコットキーが贈呈された。《撮影 中込健太郎》
  • 佐原豊橋市長からは地元の胡蝶蘭が贈呈された。《撮影 中込健太郎》
  • オーナーの伊藤さんは御歳75歳。メルセデスに惹かれる理由は安全性だと語る。嬉しさを最大限に表現される素敵なカーガイだ。《撮影 中込健太郎》
  • デリバリーコーナーでは最終の納車手続きの間に、スタッフによってクルマにおおきなリボンがかけられる。《撮影 中込健太郎》
  • 微調整には余念がない。来客の多いこの日、すべてのVPCの中のライン上で働く人たちの挨拶が館内に響きわたる。そしてこの細かい心づくし。メルセデスベンツが受け入れられる原点をVPCで見た。《撮影 中込健太郎》
  • セレモニー当日、すべての職員の胸元には100万台を祝うかわいいワッペンが掲げられていた。《撮影 中込健太郎》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ