トヨタ、改良型2人乗り i-ROAD の実証実験を渋谷区で開始

エコカー レスポンス

トヨタ自動車は、超小型モビリティ認定制度を活用した2人乗り『i-ROAD』の実証実験を11月21日より東京都渋谷区で実施する。

今回トヨタは、新たに2人乗りi-ROADを導入。i-ROADは本来1人乗りだが、リフレクター・車幅灯等の見直しや車両接近通報装置の装備など、一部改良。超小型モビリティ認定制度の適用要件を満たし、2人乗りでの利用を可能とした。

実証実験では、子育て世帯など、2人乗り利用が想定される人に、2人乗りi-ROADを約1か月間貸与。通勤、買い物、子どもの送迎といった日常生活の様々なシーンで利用してもらうことで、使い勝手をはじめ新しいモビリティとしての利用価値を検証する。

今回の実証実験は、トヨタが7月より実施している、i-ROADの特長を最大限活かせる商品やサービス開発を目的とした「OPEN ROAD PROJECT」の一環。対象地域となる渋谷区は、i-ROADの利便性の高さに関心を示し、同区の将来におけるまちづくりの可能性を模索するため、トヨタと共同で実証実験を実施する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 2人乗り i-ROAD
  • OPEN ROAD PROJECT
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ