旭硝子、UV99%・赤外線もカットするリアガラスを開発

業界 レスポンス

旭硝子は、自動車のリアドアガラス・リアガラスで紫外線(UV)を約99%カットしながら、赤外線(IR)もカットする「UVベール・プレミアム・プライバシールド」の販売を開始すると発表した。

プライバシールドの開発で、世界で初めて自動車の全方位からのUV約99%カットを達成した。

同社は、2010年に世界で初めてUVカット率約99%を実現したフロントドア用強化ガラス「UVベール・プレミアム」、2012年には暑さやジリジリ感の原因となるIRカット機能を加えた「UVベール・プレミアム・クール・オン」の販売を開始した。

消費者の健康や美容に対する意識の高まりを背景に、UV・IRカットのニーズに着目して開発したこれら製品は、現在多くの自動車メーカーが採用している。リアガラスは電熱線が入っていることから、対応が難しかったが、今回プライバシールドを開発、後部座席のガラスでも対応、全方位から降り注ぐUVをカットし、運転席・助手席に加え、後部座席に座る人の肌も守る。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ