【SUPER GT 最終戦】ハイブリッドレーシングカー・プリウス、CR-Z がSUPER GT参戦終了を発表

モータースポーツ レスポンス

2015年シーズンも終了し、来季への動向が気になるオフシーズンだが、GT300クラスでハイブリッドシステムを搭載し戦っていた、ホンダ『CR-Z GT』とトヨタ『PRIUS GT』の参戦終了が相次いで発表された。

ホンダは11月11日に2015年シーズンで「CR-Z GT」の参戦を終了すると発表していた。最終戦もてぎでは4位となり年間ランキングでは5位に入る好成績を納めている。

CR-Z GTは2012年シーズン途中から参戦。レーシングハイブリッドを搭載し、デビュー2戦目にはポールポジションを獲得するなどの活躍を見せた。2013年には55号車の「ARTA CR-Z GT」と16号車の「TEAM 無限」の2台体制となり、16号車が年間チャンピオンを獲得。6回のポールポジションと4回の優勝とGT300には欠かせないマシンとなっていた。

後継車両については今のところアナウンスなし。最終戦のレースがすでに終了しており、レースで走る勇姿は見られないが、12月6日にツインリンクもてぎで行われる「HONDA Racing THANKS DAY」で最後の勇姿が見られる。

一方、トヨタPRIUS GTでGT300クラスに参戦していたaprは、11月18日のシーズン終了後に「ZVW30型 PRIUS GT」での参戦を終了すると発表した。2015年シーズンは開幕戦の岡山で優勝、着実にポイントを重ね最終戦ではポール・トゥ・ウインを果たし、年間ランキングも2位に入る活躍をしていた。

PRIUS GTは2012年シーズン開幕から参戦。同年は途中から参戦したCR-Z GTと共にハイブリッド元年を示した。PRIUS GTは市販車用のハイブリッドシステムを搭載していたのがCR-Z GTとの違いだった。2013年の第2戦富士でレーシングハイブリッド車として初めて優勝を飾り、通算で4回のポールポジションと3回の優勝と、こちらもGT300クラスには欠かせない存在となっていた。

こちらも後継車両に関しては未発表。シーズン終了後に参戦終了のアナウンスがされたため、最終戦もてぎで、じっくり見ていなかったファンも多いかもしれない。今週末11月22日に富士スピードウェイで行われる「TOYOTA GAZOO Racing Festival2015」で最後の勇姿が見られる。

  • 雪岡直樹
  • TOYOTA PRIUS apr GT《撮影 雪岡直樹》
  • ARTA CR-Z GT《撮影 雪岡直樹》
  • ARTA CR-Z GT《撮影 雪岡直樹》
  • TOYOTA PRIUS apr GT《撮影 雪岡直樹》
  • ARTA CR-Z GT《撮影 雪岡直樹》
  • TOYOTA PRIUS apr GT《撮影 雪岡直樹》
  • TOYOTA PRIUS apr GT《撮影 雪岡直樹》
  • TOYOTA PRIUS apr GT《撮影 雪岡直樹》
  • ARTA CR-Z GT《撮影 雪岡直樹》
  • ARTA CR-Z GT《撮影 雪岡直樹》
  • TOYOTA PRIUS apr GT《撮影 雪岡直樹》
  • ARTA CR-Z GT《撮影 雪岡直樹》
  • ARTA CR-Z GT《撮影 雪岡直樹》
  • TOYOTA PRIUS apr GT《撮影 雪岡直樹》
  • ARTA CR-Z GT《撮影 雪岡直樹》
  • ARTA CR-Z GT《撮影 雪岡直樹》
  • TOYOTA PRIUS apr GT《撮影 雪岡直樹》
  • ARTA CR-Z GT《撮影 雪岡直樹》
  • TOYOTA PRIUS apr GT《撮影 雪岡直樹》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ