テスラ、モデルS 全車をリコール…シートベルトに不具合

エコカー レスポンス

米国のEVベンチャー企業、テスラモーターズのEV、『モデルS』。同車が販売済みの全車を、リコール(回収・無償修理)することが分かった。

これは11月20日、テスラモーターズが明らかにしたもの。全世界で販売した全てのモデルSおよそ9万台を、リコールすると発表している。

今回のリコールは、シートベルトの不具合によるもの。同社によると、モデルSの前席シートベルトが、アンカー部に適切に接続されていない可能性があるという。

この不具合は、欧州の顧客からの報告で発覚。助手席の乗員が後席の乗員と会話しようと、後方を振り向いた際、シートベルトが壊れたという。

テスラモーターズによると、不具合の事例はこの1件のみ。その後、モデルSを3000台以上点検しても問題は見つからなかったが、安全を第一に考慮した上で、販売済みの全車のリコールを決めたとしている。

  • 森脇稔
  • テスラ モデルS《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ