NTN、子会社を合併…EV向け次世代ユニット商品などの開発強化

業界 レスポンス

NTNは、連結子会社のNTN特殊合金と日本科学冶金を12月1日付けで合併し、新会社を「NTNアドバンストマテリアルズ株式会社」に社名変更すると発表した。

NTN特殊合金は、1966年8月に愛知県海部郡蟹江町に設立。金属粉末を使用した焼結商品の製造販売を行ってきた。最近では、疲労強度、密度を大幅に改良した高強度焼結商品の開発に成功している。一方、日本科学冶金は1947年10月、三重県亀山市に設立。焼結合金商品をはじめ、医療機器、産業機械の電圧変換、ノイズ除去などに必須な磁性材料商品の製造販売を行い、2011年9月よりNTNグループに加わった。

NTNは今回、2社の合併によって、技術やノウハウを相互補完し、技術力を強化。自動運転の技術が進化する中、電気自動車向けに次世代のユニット商品、モジュール商品など高付加価値な商品の開発に注力していく。

新会社は、現NTN特殊合金がある愛知県蟹江町に資本金4億円で設立。粉体および粉体を使用した合金のほか、カーボンを使用した商品、高分子材料を使用した商品など複合材料商品の製造販売を行う。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ