ホンダ リッジライン 次期型、世界一過酷な砂漠レースでクラス優勝

モータースポーツ レスポンス

ホンダは11月22日、『リッジライン・デザートレース・トラックコンセプト』がメキシコで開催された「SCORE Baja 1000」に参戦し、クラス優勝を果たした、と発表した。

同車は11月上旬、米国ラスベガスで開催されたSEMAショー15で初公開。ホンダの北米向けピックアップトラック、『リッジライン』の次期型を示唆したコンセプトカー。リッジラインは、ホンダの米国部門が開発した北米専用のピックアップトラック。

リッジライン・デザートレース・トラックコンセプトは、ホンダがオフロードレースに再び参戦するために開発された。ボディパネルなどに、次期リッジラインのデザインを反映させている。

リッジライン・デザートレース・トラックコンセプトは、砂漠レース仕様。今年の「SCORE Baja 1000」砂漠レースに参戦するために、強力なエンジンを搭載。アメリカンホンダのレース部門、「HPD」が開発した3.5リットルV6ツインターボエンジンは、最大出力550hpを引き出す。

このリッジライン・デザートレース・トラックコンセプトが22日、メキシコで開催されたSCORE Baja 1000に参戦。チューブフレームの改造無制限クラス2を制した。全長1320kmのコースを、25時間9分47秒のタイムで、トラブルもなく走破している。

  • 森脇稔
  • ホンダ リッジライン・デザートレース・トラックコンセプト
  • ホンダ リッジライン・デザートレース・トラックコンセプト
  • ホンダ リッジライン・デザートレース・トラックコンセプト
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ