フリースケール、車載ビジョンSoC S32V がARM Innovation Challenge賞を3部門受賞

業界 レスポンス

フリースケールは、優れたARMアーキテクチャベースの製品を表彰する「ARM TechCon 2015」にて、同社の車載ビジョン・プロセッサ「S32V」が、「Best in Show賞」を含め、ARM Innovation Challenge賞を3部門受賞したと発表した。

ARM Innovation Challenge賞は、生産性や製品機能を高めるARMアーキテクチャベースの製品に贈られる、組込み業界において最高級の賞。世界各地から幅広いアプリケーションの出展者がARM TechConに集まり、最先端のARMベース製品をエントリする。

今年度のARM Innovation Challenge賞は、2014年10月1日から2015年10月1日の期間に開発されたものが対象で、複数受賞した企業は、フリースケールのみだった。

「S32Vビジョン・マイクロプロセッサ」は、半自動運転および自動運転に必要な信頼性、安全性、セキュリティ対策を備えた自動車業界初の車載ビジョンSoC(システム・オン・チップ)。利便性に基づく現在の「運転者支援型」モデルの枠を超え、自動車がデータの収集と処理を行い、緊急時に運転者に代わって制御できる次世代の組込みプロセッシング・ソリューションとして、高い評価を得ている。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ