ミシュラン XOne、冷凍冷蔵車に採用で積載量200kgアップ…大阪の運輸会社が導入

業界 レスポンス

日本ミシュランタイヤは、トラック・バス用ワイドシングルタイヤ「ミシュラン XOne」が、荒木運輸(大阪府大阪市)が新たに導入した冷凍冷蔵車の新車装着タイヤとして採用されたと発表した。

ミシュラン XOneは、トラックの後輪に装着されている2本(ダブルタイヤ)を1本にするというコンセプトで、1車軸当たり約100kgの軽量化を達成。車両の輸送効率向上と環境負荷低減に貢献するトラック・バス用ワイドシングルタイヤで、駆動軸にも使用できるということで注目を集めている。

さまざまな温度帯の保管から全国発送まで一貫したサービスを展開している荒木運輸は、冷凍冷蔵車も数多く保有。通常のトラックに比べ架装が多い冷凍冷蔵車は、その車両重量から輸送効率や燃費の点でより効率化が求められる。今回、最大積載量向上による輸送効率化と燃費改善を図るため、新たに導入する冷凍冷蔵車の後輪2軸に「MICHELIN X One XDN2 」を採用。ミシュラン XOneを装着することで従来のダブルタイヤと比較して200kgの積載量向上を実現した。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ミシュラン XOneの装着車両
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ