【ロサンゼルスモーターショー15】BMW X1 新型、北米初公開…2.0ターボのみ

新車 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、BMWは11月18日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー15において、新型『X1』を北米初公開した。

新型X1は2世代目モデル。欧州では2015年6月に発表された。新型の外観は、『X4』や『X5』、『X6』など、最新のBMWのSAVに通じるデザイン。フルLEDヘッドライトをオプションで用意した。ボディサイズは、先代よりも全高が53mm高い。これが、室内空間の拡大に貢献する。シートの地上高は、前席が36mm、後席が64mm高くなり、見晴らしが良くなった。

室内は、後席のひざ元の空間を、先代比で37mm拡大。オプションのリアシートでは、ひざ元の空間を最大で66mm広げた。トランク容量は、先代から85リットル増え、505リットルに。後席を折り畳めば、最大で1550リットルに拡大する。また、ドライバー重視のコクピットを採用。「iDrive」の表示を行う6.5インチのモニターを、ダッシュボードに組み込む。ヘッドアップディスプレイも選択できる。

ロサンゼルスモーターショー15では、新型X1が北米初公開。米国仕様は「xDrive28i」の1グレードのみとなる。

2.0リットル直列4気筒ガソリンターボは、最大出力228hp、最大トルク35.7kgmを発生。トランスミッションは8速AT「ステップトロニック」。0-96km/h加速は6.3秒と公表されている。

  • 森脇稔
  • BMW X1 新型
  • BMW X1 新型
  • BMW X1 新型
  • BMW X1 新型
  • BMW X1 新型
  • BMW X1 新型
  • BMW X1 新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ