年末年始、渋滞のピークは1月2日、3日…高速道路各社予測

業界 レスポンス

NEXCO3社、JB本四高速、日本道路交通情報センターは11月27日、年末年始(12月26日〜1月4日)の高速道路での交通集中による渋滞予測をとりまとめ発表した。

それによると、渋滞が多く発生するのは、上下線ともに、1月2日と3日と予測。10km以上の渋滞が多く発生するのは、上り線・下り線ともに1月2日、10km以上の渋滞回数は上り線119回、下り線64回の合計183回となると予測。特に長い渋滞が発生すると予測しているのは、1月3日17時ころの東名高速 上り線 大和トンネル付近(50km)、1月2日13時ころの東名高速 上り線 音羽蒲郡IC付近(30km)、1月2日18時ころの関越道 上り線 高坂SA付近(40km)、1月2日16時ころの中国道 上り線 宝塚西トンネル付近(30km)など。

高速道路会社各社では、予測内容をもとに出発の時間帯をずらすなど、渋滞を避けた利用や、出発前や利用中も最新の道路交通情報の活用するなどの対策を呼びかけている。また、登り坂等での速度低下注意喚起、渋滞末尾への追突注意喚起、休憩施設等での駐車場整理員の配置、臨時トイレの設置、大型車駐車ますの確保などを実施する予定だ。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ