米スバル社長、米自動車業界最高の人物に選出…モータートレンド

業界 レスポンス

米国の有力自動車メディア、『モータートレンド』は11月中旬、「2016 パーソンオブザイヤー」を、スバルの米国法人のトーマス・ドール社長兼COOに授与すると発表した。

同賞はこの1年間に、米国の自動車業界で優れた業績を残した人物に贈られるもの。米国の自動車メディアが発表する賞としては、最も権威が高く、各方面から高い注目を集めるアワードとして知られる。

2016 パーソンオブザイヤーに選出されたのが、スバルオブアメリカのトーマス・ドール社長兼COO。同氏は1982年、スバルに入社。同氏のリーダーシップの下、スバルは米国で2007年以降、8年連続で販売記録を更新してきた。

2015年、スバルの米国新車販売は、60万台に近づく見通し。スバルは今や、米国のブランド別販売ランキングで、トップ10入りを果たしており、フォルクスワーゲンやマツダ、BMW、ビュイックを上回る。

モータートレンドのアンガス・マッケンジー編集局長は、「トム・ドール氏のリーダーシップは成功を収めている。彼は独自のビジョンを備えた人物」と評価している。

  • 森脇稔
  • スバル アウトバック(北米モデル)
  • スバルXVクロストレック(日本名:インプレッサXV)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ