メルセデス AMG、V12エンジンの生産を移管…ダイムラー の工場に

業界 レスポンス

ドイツの高級車、メルセデスベンツの高性能車部門、メルセデスAMG。そのメルセデスAMGが、V型12気筒ガソリンエンジンの生産拠点を変更する。

これは11月19日、メルセデスベンツが明らかにしたもの。「メルセデスAMGのV型12気筒エンジンの生産を2016年2月から、ダイムラーのドイツ・ハンマイム工場に移管する」と発表している。

今回の生産再編は、メルセデスAMGの本拠地、ドイツ・アファルターバッハ工場がフル稼働状態にあることへの対応。生産能力に余裕があるダイムラーのドイツ・ハンマイム工場に、メルセデスAMGのエンジンの中で、V型12気筒ツインターボの生産のみを移管する。

なお、メルセデスAMGの本拠地、アファルターバッハ工場では、V12生産移管後、V8エンジンの生産能力を増やす計画。アファルターバッハ工場では、V12エンジンの生産は行わないが、開発は引き続き行う。

また、ダイムラーのドイツ・ハンマイム工場では、V12エンジンの組み立てを、最初から最後まで一人の職人が担当するAMGの伝統を継続していく。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ