VW、独本社工場に3Dスマートグラス導入

業界 レスポンス

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは11月23日、ドイツ・ウォルフスブルグの本社工場に、「3Dスマートグラス」を導入した、と発表した。

同社は、ウォルフスブルグの本社工場の物流部門に3か月前、3Dスマートグラスを試験導入。その実績を踏まえて今回、3Dスマートグラスを正式採用した。

3Dスマートグラスは物流倉庫において、従業員が着用。注文を受けた部品を倉庫内の数多くの部品の中から探し出す際、メガネのガラス面に、保管場所や部品番号などのオーダー情報が自動的に表示され、スピーディかつ正確な出荷を実現する。

また、3Dスマートグラスに内蔵されたカメラが、バーコードリーダーとして機能。さらに従業員は、ハンズフリーの状態で仕事に専念できる。

ウォルフスブルグ工場の物流部門の責任者、Reinhard de Vries氏は、「生産現場におけるデジタル化は、重要性を増している。3Dスマートグラスは人間とシステムの協業を、新たなレベルへと引き上げる」と述べている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ