日立オートモティブ、子会社2社を合併…ADASに不可欠なステアリング/プロペラシャフト事業を強化

業界 レスポンス

日立オートモティブシステムズは、ステアリングやプロペラシャフト事業の強化に向け、子会社2社を、2016年4月1日付で吸収合併すると発表した。

日立オートモティブシステムズは、市場拡大が見込まれる自動運転システムの要件となるADAS(先進運転支援システム)技術の高度化に注力。外界認識センサーや電子コントロールユニット、走行系アクチュエーター、電動パワートレインといったADASに不可欠な「認識」、「制御」、「駆動」の幅広い製品・システムの事業強化を図っている。

今回、走行系アクチュエーターの重要な構成部品であるステアリングとプロペラシャフト製品の一体運営によるグローバル展開の加速を目的として、両製品の開発から生産を行う日立オートモティブシステムズステアリングと日立オートモティブシステムズ九州を吸収合併することを決定した。

日立オートモティブシステムズステアリングが製造する電動式パワーステアリングシステムは、ADASのコア製品の一つであり、制御開発、ユニット開発、素形材技術を含む同社グループの垂直統合ビジネスモデルとともに事業拡大が見込まれている。また、日立オートモティブシステムズ九州が製造するプロペラシャフトは、省エネを狙った軽量化の進展、衝突安全対策ニーズの高まりにより、カーボンファイバーなどを使用した高付加価値製品が市場に投入されており、海外市場での拡大が期待されている。

今後、日立オートモティブシステムズによる一体運営により、ステアリングとプロペラシャフト製品における開発力の強化や品質・生産技術の向上、グローバル生産体制の拡充を推進。さらに、米州や中国市場等へのグローバル拡販の強化により、2018年度のステアリングとプロペラシャフト製品の売上を2014年度実績比でそれぞれ6割拡大することを目指す。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ