ポルシェ プラグインハイブリッドの「今」に触れる2週間…「THE SOUND OF PORSCHE」六本木で開催

業界 レスポンス

ポルシェジャパンは、ポルシェプラグインハイブリッド車の今を広く紹介するイベント「 THE SOUND OF PORSCHE」を12月1日〜12月16日の会期で、東京ミッドタウンにて開催する。

12月1日には、このイベントに先立って、メディア向けのオープニングレセプションが開かれた。イベント期間中、市販のプラグインハイブリッドモデルの他、ハイブリッドレーシングカー『ポルシェ919』が展示される他、EV-Standの設置。そして、ブランドに関するストーリーを知ることが出来る16種類のコンテンツを楽しむことができる、ジュークボックスを模したかのようなメディアステーション。スリル満点のスピード体験を行うことが出来るバーチャルリアリティなど、多様で上質なブース内のアトラクションを通してポルシェ、そしてポルシェのプラグインハイブリッドの今を体験できる企画が盛りだくさんのイベントだ。

また試乗体験サービス「Driving Experience」も注目したい。立ち寄ってもし空きがあれば、『カイエン』、『パナメーラ』のプラグインハイブリッドモデルを実際に都心の道路を走らせて体感することも可能だ。

オープニングレセプションでは特別ゲストとしてチェリストの溝口 肇さんを迎え、生演奏とトークセッションが行われた。チェロの深く弾けるような響きが、多くの街行く人々になじみのあるであろう軽快な曲を演奏、師走の六本木ミッドタウンの真ん中、深く鮮やかなチェロの響きであたりの人々の耳を楽しませていた。

そしてトークセッションでは「聴き疲れのないオーディオ。移ろう車窓の風景は、まるでロードムービーのよう」と、音楽家でありながらクルマの好きの一面も披露した溝口さん。そしてイベントに先駆けて、パナメーラプラグインハイブリッドに試乗したことを振り返り、「自宅で音楽を聴くよりもパナメーラの中で音楽を聴く方が良い音だと思う」と語り、良いオーディオに加え、パナメーラプラグインハイブリッドの静粛性にも大変満足していたようだった。

  • 中込健太郎
  • ハイブリッドレーシングカー「ポルシェ919」《撮影 中込健太郎》
  • ジュークボックスのようなマシンは様々な角度からポルシェのブランドのこれまでの足跡を見せてくれる。《撮影 中込健太郎》
  • お好みの、レコードのようなディスクを置くと、ポルシェに関するエピソードを見ることができる。《撮影 中込健太郎》
  • 挨拶に立つ七五三木社長。「五感に響くポルシェの魅力を一人でも多くの方に体感していただきたい」と語った。《撮影 中込健太郎》
  • ミッドタウン周辺はすでにクリスマスイルミネーションに包まれている。《撮影 中込健太郎》
  • チェリスト溝口肇さんのライブ演奏。チェロの軽やかでありながらこころに深く響くような音色に、多くの人が足を止めていた。《撮影 中込健太郎》
  • 最新のポルシェプラグインハイブリッドモデルに試乗ができる「Driving Experience」も是非試していただきたい。《撮影 中込健太郎》
  • もしかすると今までポルッシェに対して抱いていたイメージを覆すかもしれない。ポルシェプラグインハイブリッドモデルが見せる懐の深さと、多様なキャラクターは、まさに百聞は一見に如かずである。《撮影 中込健太郎》
  • THE SOUND OF PORSCHE開催地に合わせたシティアイコン。ドイツでデザイナーがチョイスしたのだという。今回日本=東京での開催に際しては「鳥居」が選ばれた。《撮影 中込健太郎》
  • ポルシェのプラグインハイブリッドモデルの随所に散りばめられるググリーンのアイデンティティペイント。それにちなんでレセプションではグリーンで統一されたフィンガーフードも用意された。《撮影 中込健太郎》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ