【ジュネーブモーターショー16】ブガッティ ヴェイロン 後継、シロン…世界最強かつ最速のスーパーカーに

新車 レスポンス

2016年春、ジュネーブモーターショー16でのデビューが決まったブガッティ『ヴェイロン』後継車、『シロン』(Chiron)。気になるのは、その動力性能だろう。

というのも、『ヴェイロン16.4スーパースポーツ』では、8.0リットルW16気筒+4ターボが、最大出力1200ps、最大トルク153kgmを圧倒的なパワーを獲得。2010年には、市販車のギネス世界最高速記録431.072km/hを達成して、世界を驚かせた。

ヴェイロン後継車のシロンでは、このパフォーマンスを超えることを目指すのは確実と見られる。

11月30日、ブガッティはシロンに関して、「世界で最もパワフル、最速、最もラグジュアリーかつエクスクルーシブな量産スーパーカーになるだろう」とコメント。

シロンについては、最大出力が1500psレベル、0-100km/h加速2.3秒という情報もあり、再び世界のスーパーカーの頂点に君臨すると見ていいだろう。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ