死亡ひき逃げで逮捕の男、飲酒運転の発覚を恐れたか

社会 レスポンス

11月28日午前2時5分ごろ、埼玉県さいたま市浦和区内の市道を走行中の軽ワゴン車が路外に逸脱。路肩を走行していた自転車に衝突する事故が起きた。自転車に乗っていた女性が死亡。警察は後に23歳の男をひき逃げ容疑で逮捕している。

埼玉県警・浦和署によると、現場はさいたま市浦和区瀬ケ崎2丁目付近で片側1車線の直線区間。自転車は道路左側の路肩を走行していたところ、後ろから進行してきた軽ワゴン車にはねられたものとみられる。

クルマは自転車を押し出しながら街路灯柱に衝突。自転車に乗っていた41歳の女性はクルマと柱の間に挟まれ、下半身強打などで即死の状態だった。運転者はクルマを現場に放置して逃走したが、警察は後にこのクルマを借りて運転していた緑区内に在住する23歳の男を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失致死)や道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕している。

逮捕された男からは酒気帯び相当量のアルコール分が検出されており、警察では飲酒運転の発覚を恐れて逃走したものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ