【ダカール16】三橋淳選手、45歳の再挑戦「バイクでの参戦は冒険」

モータースポーツ レスポンス

「この歳でのバイクによる参戦は、本当にチャレンジであり、アホであり、バカな冒険だと自分でも思います。しかし、バカやアホはやってなんぼ! トコトンこの路線で進んでいきます。ダカールまで残りあと1か月。このまま突っ走ります」

そう言うのはダカールラリー(アルゼンチン、ボリビア)に、45歳にして13年ぶりにバイクで参戦する三橋淳選手。12月2日、壮行会が都内でおこなわれた。

レースは2週間をかけて、約9000kmにわたる砂漠や砂丘、土漠、荒野などのオフロードを走り続けタイムを競う。完走率が半分以下の年もあることから「世界一過酷なラリー」と言われる。

このラリーで三橋選手は、4輪で5回の市販クラス制覇を果たすなど輝かしい成績を収めてきたが、前回大会でチームを去った。

しかし「このままでは終われない」と、新たな挑戦の機会を探していたところに、KTM JAPANのコネクションに辿り着く。長く不在だった日本人のダカール・二輪ラリーストがこのとき生まれ、この先に続くライダーをサポートしていきたいというKTM の思いが、プロジェクトをスタートさせた。

とはいえ、四輪では王者の三橋選手も、過去10年以上にわたり二輪での実績は無いも同然。ラリーオーガナイザーであるASOも、同選手のモーターサイクルでのエントリー受諾には難色を示し、出走が危ぶまれていた。

最終的には、オーガナイザーが指定する国際ラリーを完走し、実力を示すことを条件としてエントリーを認める、というコンテストに挑戦することになる。

10月初旬、急遽選ばれたコンテストラリーとなったのが、ダカールへのテストの意味もありファクトリーマシンも多く参加するメルズーガラリー(モロッコ)。身一つで旅だった三橋選手は、100台を超えるエントリーのなか総合14 位での完走を果たす。ノーペナルティーでの完走はわずか10台だった。

「三橋は極めて豊かな才能にあふれ、セルフコントロールに長けたクレバーなラリーストだ。長年モーターサイクルラリーから遠ざかっていたにも関わらず、高順位をキープし、決して限界を超えることなくラリーをコントロールしてゴールまでマシンを運んでみせた」

チーム・マネージャーのフィリップ・ダブロウスキー氏は、三橋選手のライダーとしてのスキルをこう高く評価している。

そして11月にもチームに合流し、バイクに乗るためのトレーニングを改めてスペインでおこなってきたが、フィットネスでは「若い選手に負けていなかった」と本人はいう。しかしライディングのレベルは、「全盛期のものは取り戻せていない」とも。

壮行会では「怪我なく帰ってきたい」と朗らかに笑ったが、その目の奥は真剣そのもの。日本人ライダー初の完走という偉業に、しっかり照準を定めている。

  • 青木タカオ
  • メルズーガラリー2015(モロッコ)を走る三橋選手。《画像 Jun Mitsuhashi》
  • メルズーガラリー2015(モロッコ)を走る三橋選手。《画像 Jun Mitsuhashi》
  • メルズーガラリー2015(モロッコ)を走る三橋選手。《画像 Jun Mitsuhashi》
  • 三橋淳ダカールラリー参戦発表パーティにて。《撮影 青木タカオ》
  • メルズーガラリー2015(モロッコ)を走る三橋選手。《画像 Jun Mitsuhashi》
  • メルズーガラリー2015(モロッコ)を走る三橋選手。《画像 Jun Mitsuhashi》
  • メルズーガラリー2015(モロッコ)を走る三橋選手。《画像 Jun Mitsuhashi》
  • 写真右は、参戦をサポートするKTM JAPAN 代表取締役社長 野口英康氏。《画像 KTM JAPAN》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ