日産の中国販売、21.9%増の12万台…3か月連続で増加 11月

業界 レスポンス

日産自動車の中国法人は12月3日、11月の中国における新車販売結果を明らかにした。商用車や、輸入車、現地合弁の東風日産(一部車種)を含めた11月の総販売台数は、12万2700台。前年同月比は21.9%増と、3か月連続で前年実績を上回った。

2015年に入った1月、日産の中国販売は、前年同月比22.2%増と大きく伸びた。しかし、2月は2.4%減、3月は5.4%減と減少。4月は19.4%減と、2桁の落ち込み。回復となった5‐6月は0.1%増と微増で、伸び率に勢いを欠いていた。そして、7月は13.9%減、8月は5.5%減と落ち込んだが、9月は2.9%増と盛り返し、10月は16.8%、11月は21.9%増と、2か月連続で2桁の伸び。

これまで、日産の中国新車販売に勢いがなかったのは、商用車の販売不振が大きい。しかし、11月は10月に続いて、排気量1.6リットル以下の小型車に対する減税の効果で、『シルフィ』を中心に販売が好調だった。

日産の2014年の中国新車販売は、前年比0.5%増の122万1600台。2015年1‐11月は、前年同期比5.1%増の109万0900台だった。

日産は2015年、中国で前年比6.4%増の130万台以上の販売目標を掲げていたが11月、これを125万台以上に下方修正している。

  • 森脇稔
  • 日産 ティアナ 中国仕様
  • 日産ティーダ 中国仕様
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ