NXPセミコンダクターズ、上海・同済大学とコネクティッドカー研究などで提携継続

業界 レスポンス

NXPセミコンダクターズは、上海インテリジェント/コネクテッド・ビークル・デモ・プログラムを通じた上海・同済大学との提携を継続すると発表した。

提携の継続は、エネルギー効率の高いファミリーカータイプのソーラーカー「STELLA LUX」の中国での発表を記念した共同セレモニーで発表された。

10月に発表された上海インテリジェント/コネクテッド・ビークル・デモ・プログラムは、「Made in China 2025」計画の一環として実施される46のパイロット・プログラムの1つで、2019年までに最大2万台のスマート・コネクテッド・ビークルを生産する目標が掲げられている。

同済大学は、このプログラムのための車両通信ネットワーク・グループをリードしており、NXPはV2X(車車間、人車間、路車間)通信ソリューションを提供する。

NXPは早くからコネクテッドカーの可能性に着目し、V2X技術の初期の実地試験の多くに協力してきた。2013年には初の車載規格対応製品を導入したほか、RoadLINK技術により、V2Xエコシステムの開発をリードしている。

NXPの量産車用V2X製品は来年、デルファイ・オートモーティブのV2Xプラットフォームの一部として、ゼネラル・モーターズの実車に採用される。NXPは現在、ソフトウェアと、サイバー攻撃、データ改ざん、不正操作からクルマを保護するセキュア・エレメントをV2Xチップセットとして提供している。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ