【ブリヂストン REGNO GRレジェーラ】軽もREGNOを履く時代…開発プロジェクトは2013年から

業界 レスポンス

12月4日、ブリヂストンは軽自動車専用のプレミアムタイヤ「REGNO(レグノ)GRレジェーラ」を発表した。レグノといえば同社のフラッグシップブランドとして、高級車や輸入車などハイクラスな車専用というイメージがある。セダンや高級ミニバン用、コンパクトカーの設定は存在したが、ついにレグノブランドが軽自動車まで及ぶことになる。

ブリヂストンタイヤジャパン 消費財マーケティング本部長 長島淳二氏は、軽専用プレミアムタイヤ開発、市場投入の背景を次のように語る。

「軽自動車は、新車販売比率で41%、保有台数でも35%近くになり、自動車市場の中でもボリューム市場といえるものです。市場規模だけでなく、安全性、環境性能、走行性能、最新テクノロジーなど機能面でも高度化が進んでいます。市場拡大に伴いユーザーの指向性や意識も変わってきており、軽ユーザーでもタイヤの性能にこだわる層も増えています。そのようなユーザーの顧客満足度の向上のため、新しい価値を提供することに手応えを感じていました」。

同社の調査によれば、軽自動車の用途の中で旅行やドライブの比率が増え、軽ユーザーの約44%がセダン・ミニバン・SUVからの乗り換えだったという。加えて、すでに発売している「レグノGR XI(クロスアイ)」の販売も好調で、とくにコンパクトカーサイズの売り上げが伸びていることも、高級タイヤのダウンサイジングを決断させたようだ。

軽自動車向けプレミアムタイヤの構想自体は、「レグノGR XT」のころからあったといい、2013年にプロジェクトがスタートしている。しかし、レグノシリーズが標榜するグレートバランスを軽自動車用のサイズで実現するのはさまざまなハードルがあった。

ブリヂストンではマーケティング、開発、製造など6つの部門から精鋭6人を集め「チームレグノ」を組織した。軽自動車用の限られたサイズ、価格帯の中、静粛性、乗り心地、走行性能、燃費、耐磨耗性、ウェット特性を高い次元でバランスさせる取り組みを行い、ようやく市販のめどが立ったため、今回の発表となった。

  • 中尾真二
  • ブリヂストンタイヤジャパン 消費財マーケティング本部長 長島淳二氏《撮影 中尾真二》
  • 新車の4割は軽自動車《撮影 中尾真二》
  • 多様化、高機能化が進む軽。自動ブレーキも珍しくなくなってきた《撮影 中尾真二》
  • セダン、SUVから軽に乗り換えるユーザーも増えている《撮影 中尾真二》
  • レジェーラのアンベール《撮影 中尾真二》
  • レグノGRレジェーラ《撮影 中尾真二》
  • グランドバランスを軽タイヤにも《撮影 中尾真二》
  • 発売は2016年2月《撮影 中尾真二》
  • 「チームレグノ」軽用プレミアムタイヤに挑んだ精鋭6人《撮影 中尾真二》
  • レジェーラのトレッドパターン。ロゴの刻印があたらしい《撮影 中尾真二》
  • ブリヂストン REGNO GR-レジェーラ《撮影 中尾真二》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ