オートエクゼ、ガソリン車用スポーツインダクションボックスを発売…アクセラなど

業界 レスポンス

オートエクゼは、マツダ『アクセラ(BM)』『アテンザ(GJ)』『CX-5』各ガソリン車用「スポーツインダクションボックス」を発売した。

スポーツインダクションボックスは、量産車のエアフィルターボックスをそのまま活用する合理的なインテークデバイスだ。量産状態では開口部が限られ、吸入抵抗となる消音レゾネーターとクリーナー吸入側ボックス部のみを開放。フレッシュエアをエアフィルターにダイレクトに導くことで吸入効率を改善するとともに、吸気サウンドもスポーティに変化させる。

製品はアルミ製遮熱板と、整流効果を高めるファンネルタイプのFRP製フレーム、エアクリーナー・リプレイスメント(K&N製)による構成。エンジンルームの印象も華やかに変化する。純正品のエアフィルターをそのまま活用できるほか、エアフィルターレス仕様も選択できる。

価格(税別)はエアフィルター付きが3万3000円、エアフィルター無しが2万6000円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • オートエクゼ ガソリン車用スポーツインダクションボックス
  • オートエクゼ ガソリン車用スポーツインダクションボックス
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ