【カーオブザイヤー15】スモールモビリティ部門は、スズキ アルト シリーズ

業界 レスポンス

12月7日、今年の一台を決める「2015-2016 日本カー・オブ・ザ・イヤー」が発表された。軽自動車を評価する「スモールモビリティ部門」は、スズキ『アルト』シリーズが受賞した。

受賞したのはスズキ『アルト』、『アルト ターボRS』、『アルト ラパン』。新型アルトは、先代モデルに比べて60kgの軽量化。これにより前輪駆動、手動変速仕様車の重量は610kgを実現している。スポーツグレードとなるアルト ターボRSは、最高出力47kW(64ps)/最大トルク98Nmのターボエンジンに専用チューニングのサスペンションやブレーキ、専用フロントシートなどを採用。トランスミッションは、ロボタイズドMTであるAGSとなった。アルト ラパンは女性をターゲットとし、デザインから装備まで、女性向けに開発された。

受賞理由は、「軽自動車が本来持つべき魅力をとことん追求して登場した、基本性能に極めて優れたモデルとして評価した。技術的にも新開発のプラットフォームや軽量ボディ、スムーズな2ペダルAMTなど注目すべきところは多い。日常的に乗る“アシ”として軽自動車の利点を改めて広くアピールしたと言える」とした。

  • 関 航介
  • 日本カーオブザイヤー15《撮影 関 航介》
  • スズキ ラパン《撮影 太宰吉崇》
  • アルト ターボRS《撮影 太宰吉崇》
  • 日本カーオブザイヤー15でスモールモビリティ部門を受賞したスズキ アルト《撮影 吉田瑶子》
  • 日本カーオブザイヤー15でスモールモビリティ部門を受賞したスズキ アルト《撮影 吉田瑶子》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ