【エコプロダクツ15】佐藤琢磨が語る「エコとレースの意外な共通点」…ブリヂストン

業界 レスポンス

ブリヂストンは、12月10日から12日の3日間、東京ビッグサイトで開催される「エコプロダクツ2015」にブースを出展する。

11回目となる今回の出展テーマは、「未来のすべての子どもたちが『安心』して暮らしていくために...」。ブリヂストングループは、「事業と環境の両立」に向けた様々な活動を3つの領域「自然と共生する」「資源を大切に使う」「CO2を減らす」において展開しており、これら環境への取り組みを紹介する。

ブリヂストンブースでは、パラゴムノキに代わる天然ゴム資源として研究を進めている「グアユール」由来の天然ゴムを使用したタイヤを展示する。グアユールは、その組織に含まれるゴム成分がパラゴムノキ由来の天然ゴムによく似た性質を持つことから、新たな天然ゴム供給源になるものと期待されている。

また、同社が開発を進める独自技術による低燃費タイヤ「ECOPIA with ologic」を展示。タイヤの大径化により接地部分の変形を抑制し、車両の燃費向上に関わる転がり抵抗を低減するとともに、狭幅化により走行時の空気抵抗も低減する。

さらに期間中毎日、同社ブースでは「この挑戦は、もっといい未来につながっている」をテーマにトークショーを実施する。10日、12日は、「ECOPIA with ologic」を装着し、世界最高峰のソーラーカーレース「2015 Bridgestone World Solar Challenge」に参戦した「工学院大学ソーラーカーチーム」、「東海大学ソーラーカーチーム」が、大会での様子や挑戦に懸けた想いについて語る。11日には、現インディカー レーシングドライバー佐藤琢磨氏が登場。レーシングドライブとエコドライブとの意外な共通点について紹介する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ECOPIA with ologic
  • グアユール
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ