ヒュンダイ の「プリウスハンター」、姿を現す…車名は IONIQ

新車 レスポンス

韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)が、開発を進めている新型ハイブリッド車。このトヨタ『プリウス』の対抗車に関して、車名と予告イメージが公開された。

これは12月7日、ヒュンダイが明らかにしたもの。同社は、「新型ハイブリッド車の車名は『IONIQ』。2016年1月、韓国で初公開する」と公表している。

ヒュンダイは10月下旬、新開発のハイブリッド専用「GDI」エンジンを韓国で発表。この新開発エンジンは、ヒュンダイの「カッパ」シリーズの最新作。排気量は1.6リットルの直列4気筒ガソリン直噴エンジン。最大出力105ps、最大トルク15kgmを引き出す。

このエンジンの特徴が、ヒュンダイとしては初めて、アトキンソンサイクルとEGR(排ガス再循環装置)を組み合わせた点。さらに、エンジンの最大熱効率は40%と、新型プリウスに並ぶ性能を実現した。

なお、IONIQには、3種類の電動パワートレインを設定。通常のハイブリッドだけでなく、プラグインハイブリッド(PHV)、EVも用意される。ヒュンダイによると、同一ボディで3種類の電動パワートレインが選択できるのは、IONIQが世界初という。

ヒュンダイはIONIQの予告イメージを1点配信。ヒュンダイは、「アピールするデザイン」とコメントしている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ