ケンウッド、彩速ナビ タイプLシリーズの上位モデルを発表…VICSワイドに対応

テクノロジー レスポンス

ケンウッドは、AVナビゲーションシステム 彩速ナビ Lシリーズの新製品「MDV-L503W(200mmワイド)」と「MDV-L503」を12月下旬より発売する。

新機種は、彩速ナビゲーションのエントリーモデル「タイプL」シリーズのうち、地デジチューナを搭載する上位モデル。2014年12月発売の「MDV-L502W」「MDV-L502」の後継モデルとなる。

広感度地デジチューナーや、ジェットレスポンスエンジンIIIを搭載による高速レスポンス、スマートフォン感覚の操作体系など、前モデルの優れた基本性能を踏襲しつつ、新機種では機能と操作性を向上させた。

ハード面では、衝撃、振動に強くデータへの高速アクセスが可能な「車載スペックSSD」を搭載。ナビ機能では、新サービス「VICS WIDE」に対応し、より詳細な「渋滞情報」や「動的経路探索」、「気象・災害情報」や「緊急情報」の取得が可能となった。

また別売の専用ドライブレコーダーやリアカメラとの連携にも対応した。

価格はオープン。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ