GM、中国生産車を北米に初投入…ビュイック SUV

新車 レスポンス

米国の自動車最大手、GMの高級車ブランド、ビュイックは12月4日、『エンビジョン』を北米市場に投入すると発表した。

エンビジョンは(ENVISION)は、ビュイックブランドの新型SUV。2011年の上海モーターショー11に出品されたコンセプトカーの市販版で、2014年8月、GMと上海汽車の中国合弁、上海GMが、成都モーターショー14で初公開した。生産は、中国で行われている。

エンビジョンのボディサイズは、全長4667×全幅1839×全高1696mm、ホイールベース2750mm。ダイナミックで、たくましいデザインを追求。ビュイック車に共通する、流れる滝をモチーフにしたフロントグリルを装備。

パワートレインには、直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを設定。最大出力260ps、最大トルク36kgmを発生する。トランスミッションは新世代の6速。新開発の4WDシステムを組み合わせた。

室内はレザーやウッドなど、厳選された存在をふんだんに使用し、プレミアムブランドのビュイックにふさわしいインテリアを追求。セグメント初のANC(アクティブ・ノイズ・キャンセレーション)も採用し、優れた静粛性を実現する。

ビュイックは今回、このエンビジョンの北米市場への導入を決定。2016年、北米市場での販売を開始する。GMが中国生産車を北米に投入するのは、初めて。ビュイックは、「北米のビュイック販売におけるクロスオーバー車の割合は60%。エンビジョンが重要な役割を果たすだろう」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • ビュイック エンビジョン
  • ビュイック エンビジョン
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ