【カーオブザイヤー15 選考コメント】メイド・イン・ジャパンを誇れる1台…青山尚暉

業界 レスポンス

今年の一台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

モータージャーナリスト/ドックライフプロデューサーの青山尚暉氏はホンダ『S660』に10点。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

「オープンスポーツは一般ユーザーにはハードルの高いクルマだが、軽自動車にホンダ魂宿る本格スポーツの血を封入し、無駄をそぎ落とした造り込みの潔さは見事。パワーこそ限られているが、乗り味、コーナリング性能はスーパースポーツに匹敵。往年のホンダF1マシンのサウンドを車内で再現できるなど、ソフト面の楽しさも秀逸。それでいて等身大のスポーツカーとして手の届きやすい約200万円の価格は、老若男女を問わずオープンスポーツをあきらめていた人の背中を押すのに十二分。10ベストカー試乗会であらためて試乗した10台のうち、もっともインパクトが強く、メイド・イン・ジャパンを誇れる1台として最高点を与えた」。

全投票点数は下記の通り。

ホンダ『S660』:10点

マツダ『ロードスター』:6点

BMW『2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー』:5点

フィアット『500X』:2点

トヨタ『シエンタ』:2点

青山尚暉|モータージャーナリスト/ドックライフプロデューサー

自動車専門誌の編集者を経て、フリーのモータージャーナリストに。自動車専門誌をはじめ、一般誌、ウェブサイト等に寄稿。自作測定器による1車30項目以上におよぶパッケージデータは膨大。ペット(犬)、海外旅行関連の書籍、ウェブサイト、ペットとドライブ関連のテレビ番組、イベントも手がけ、犬との自動車生活を提案するドッグライフプロデューサーの活動も行っている。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

  • 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP
  • 青山尚暉氏《撮影 太宰吉崇》
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー  10ベストカー《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ