【カーオブザイヤー15 選考コメント】世界に向け、走る楽しさを伝播して欲しい…飯田裕子

業界 レスポンス

今年の一台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

モータージャーナリストの飯田裕子氏はマツダ『ロードスター』に10点を投じた。日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントでは以下のように述べている。

「初代がオープンスポーツカーのある生活や景色の素晴らしさをユーザーのみならず、世界の自動車メーカーに一石を投じたロードスター。その運動性能は基本性能の高さ無くして、この走らせる楽しさは生まれない。さらに近年の自動車は衝突安全を高めるべく、代を重ねるごとにより大きく重くなる傾向にある。

4代目となった新型ロードスターの“原点に立ち返る”というクルマづくりは先代よりも小さく、ベースモデルに至っては初代と同等に軽い。飽くなきこだわりへの追求が高い技術力とともに生み出した一台の新型オープンスポーツカー。実力も魅力も十分にあると思う。4代目となる新型では日本国内のみならず、この日本からもう一度世界に走る楽しさを伝播して欲しい」。

全投票点数は下記の通り。

マツダ『ロードスター』:10点

BMW『2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー』:6点

ジャガー『XE』:4点

スズキ『アルト/アルト ターボRS/アルト ラパン』:3点

ホンダ『S660』:2点

飯田裕子|自動車ジャーナリスト協会会員

現在の仕事を本格的に始めるきっかけは、OL時代に弟(レーサー:飯田章)と一緒に始めたレース。その後、女性にもわかりやすいCar & Lifeの紹介ができるジャーナリストを目指す。独自の視点は『人とクルマと生活』。ドライビングインストラクターとしての経験も10年以上。現在は雑誌、ラジオ、TV、シンポジウムのパネリストやトークショーなど、活動の場は多岐にわたる。

  • 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP
  • 飯田裕子氏《撮影 太宰吉崇》
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー2015-2016 10ベスト試乗会《撮影 太宰吉崇》
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー2015-2016 10ベスト試乗会《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 吉田瑶子》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター RS《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ