【カーオブザイヤー15 選考コメント】MPVながら、車の本質的な魅力を磨きこんだ…石井昌道

業界 レスポンス

今年の一台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

モータージャーナリストの石井昌道氏が10点を投じたのは、BMW『2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー』。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

「マルチパーパスビークルでありながら、駆け抜ける歓びやロングドライブでの疲れの少なさなど、自動車の本質的な魅力がしっかりと磨き込まれている。エンジンやトランスミッションは燃費性能とパフォーマンスのバランスに優れ、ドライバビリティも高い。シャシーは背高を意識させないとともに、BMWとしては初のFFながら一体感の高いハンドリングを実現。乗り心地は低速域でやや硬めながら、高速道路などでは車体のブレが少なく、ロングドライブを快適なものとしている」。

全投票点数は下記の通り。

BMW『2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー』:10点

ホンダ『S660』:7点

マツダ『ロードスター』:4点

ジャガー『XE』:3点

スズキ『アルト/アルト ターボRS/アルト ラパン』:1点

石井昌道|モータージャーナリスト

自動車専門誌の編集部員を経てモータージャーナリストへ。国産車、輸入車、それぞれをメインとする雑誌の編集に携わってきたため知識は幅広く、現在もジャンルを問わない執筆活動を展開。また、ワンメイク・レース等への参戦も豊富。ドライビング・テクニックとともに、クルマの楽しさを学んできた。最近ではメディアの仕事のかたわら、エコドライブの研究、および一般ドライバーへ広く普及させるため精力的に活動中。

  • 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP
  • 石井昌道氏《撮影 太宰吉崇》
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー2015-2016 10ベスト試乗会《撮影 太宰吉崇》
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー《撮影 太宰吉崇》
  • BMW 2シリーズ グランツアラー
  • BMW 2シリーズ グランツアラー《撮影 太宰吉崇》
  • BMW 2シリーズ グランツアラー《撮影 太宰吉崇》
  • BMW 2シリーズ グランツアラー《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ