ルネサス、リアルタイム画像処理を可能にする内蔵SRAMを開発…自動運転技術に貢献

テクノロジー レスポンス

ルネサス エレクトロニクスは12月9日、自動運転技術に必要なリアルタイム画像処理を実現する、車載情報機器用SoC(システムLSI)向けデュアルポートタイプ内蔵SRAMを開発したと発表した。

新SRAMは、今後の自動運転技術として必要となるリアルタイム画像処理を実現するため、車載情報機器用SoCに搭載する画像バッファメモリを最適化。新SRAMを最先端16nm(10億分の1メートル)プロセスで試作したところ、0.7Vの低電圧条件にて688ピコ秒(一兆分の1秒)の高速動作と、世界トップクラスの3.6Mbit/ミリ平米の高集積度を実現した。

近年、注目を集める自動運転を実現するためには、リアルタイムに画像を処理する技術が重要となる。現在、デュアルポートタイプの内蔵SRAMを用いたメモリアクセスの高速化が進められているが、シングルポートSRAMに比べて占有面積を必要とする上、消費電力の増大、動作下限電圧マージンの悪化など、様々な課題があった。

今回ルネサスは、FinFET用に最適化したデュアルポートSRAM用メモリセルを採用することで、これらの課題を解消。また、シングルポートSRAM向けに開発したワード線ブースト型アシスト回路技術をデュアルポートSRAMにも適用することで、低電圧でも安定して高速読出し・書込み動作が可能となり、小面積で消費電力を抑えることが可能となった。

ルネサスでは、今回開発したデュアルポートSRAMが、先進運転支援システムや自動運転に求められるリアルタイム画像処理の性能向上に大きく貢献できるとし、同社の最先端SoCに採用し、製品化を目指していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ