【トヨタ プリウス 新型】加藤副社長「大きくカジを切る先駆けのクルマ」

新車 レスポンス

トヨタ自動車は12月9日、主力ハイブリッド車(HV)の『プリウス』を6年7か月ぶりに全面改良して発売した。燃費は、最も良いグレードで40.8km/リットル(JC08モード)と、ガソリンエンジン搭載車では世界最高を確保した。

国内では月間1万2000台の販売目標を掲げている。新型は環境性能を一段と高めただけでなく、新しい開発手法である「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」の初適用で、走りや静粛性といった基本性能も大きく改良している。

TNGA展開の指揮を執ってきた加藤光久副社長は「これまでは個別最適でもっといいクルマづくりを進めてきたが、ボディーサイズやパワートレインが増え、難しくなってきた」と指摘。TNGAでは「全体最適を考えていくが、狙いは部品の共通化などではなく、あくまでも、もっといいクルマづくりだ」と、強調した。

そのうえで新型プリウスは「ゆっくりだが大きくカジを切って動き始めた先駆けのクルマ」とし、「10年、20年後に、もっといいクルマづくりの原点だったねと言われるよう、これからも取り組んでいく」と語った。

  • 池原照雄
  • トヨタ 加藤光久副社長《撮影 宮崎壮人》
  • 新型 トヨタ プリウス 発表会《撮影 宮崎壮人》
  • 新型 トヨタ プリウス 発表会《撮影 宮崎壮人》
  • 新型 トヨタ プリウス 発表会《撮影 宮崎壮人》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ