VWのCO2不正、対象が大幅減少…80万台から3.6万台に

業界 レスポンス

排ガス中のNOX(窒素酸化物)データだけでなく、CO2(二酸化炭素)データにも不正が発覚したフォルクスワーゲングループ。CO2の不正対象車が、当初の発表よりも大幅に少なくなる見通しであることが分かった。

これは12月9日、フォルクスワーゲングループが明らかにしたもの。「CO2の不正対象車は、およそ3万6000台になる見込み」と公表している。

フォルクスワーゲングループは11月3日、排ガス中のCO2の量を示すデータを、不正に操作していたと認めた。ディーゼルだけでなく、ガソリンエンジンも含まれ、欧州でおよそ80万台が対象になると説明していた。

また同社は、CO2不正という新たな問題発覚によって、リコール(回収・無償修理)などの費用が、最大でおよそ20億ユーロ(約2656億円)上乗せされるとの見通しも示していた。

今回、CO2不正の対象車が80万台から3万6000台に大幅減少する見込みとなったことで、対策費用も減ることに。フォルクスワーゲングループは、「20億ユーロも必要ではないだろう。CO2排出量を再測定した結果によって、財務面への影響を判断していく」と説明している。

  • 森脇稔
  • フォルクスワーゲンのターボディーゼル「TDI」エンジン
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ