【IIHS衝突安全】スバルの6車、最高評価を獲得

新車 レスポンス

スバル(富士重工)は12月10日、米国IIHS(道路安全保険協会)が行う最新の2016年の安全性評価において、スバルの6車種が最高評価の「トップセイフティピック+」を獲得した、と発表した。

この6車種は、アイサイトを装着した2016年モデルの『レガシィ』、『アウトバック』、『フォレスター』、『インプレッサ』、『XV』、『WRX』。

これら6車種は、要求される全ての耐衝撃性能試験において、最高評価の「Good」を獲得するとともに、前面衝突予防性能試験においても、最高評価の「Superior」を獲得。前面衝突予防性能試験での獲得ポイントは、いずれの車種も「Superior」評価車中で最高の6ポイントを得た。

アイサイトは、世界で初めてステレオカメラのみで、歩行者、自転車をも対象としたプリクラッシュセーフティ機能や全車速追従クルーズコントロール機能を実現したシステム。2008年5月の日本での発売以来、顧客からの高い評価を獲得。日本、豪州、北米、欧州へと順次展開を拡大し、優れた予防安全性能をより多くの顧客に提供している。

IIHSは2016年、安全評価の受賞要件を強化。「トップセイフティピック」を受賞するには、前・側・後面・スモールオーバーラップ衝突、ロールオーバー(車両転覆)耐衝撃性能試験の全てにおいて、最高の「Good」を獲得する必要がある。また、前面衝突予防評価において、「Basic」を獲得することが要求される。

さらに、「トップセイフティピック+」を受賞するには、上記耐衝撃性能試験での最高評価獲得とともに、前面衝突予防評価における「Advanced」、「Superior」のいずれかの獲得が必要になる。

  • 森脇稔
  • スバル レガシィ 新型(北米モデル)
  • スバル フォレスター(米国仕様車)
  • スバル インプレッサ(北米仕様)
  • スバル アウトバック(北米モデル)
  • スバル WRX 新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ