【カーオブザイヤー15 選考コメント】明確なコンセプトと丁寧なクルマ造り…金子浩久

業界 レスポンス

今年の一台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

モータリングライターの金子浩久氏はマツダ『ロードスター』に10点。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

「明確なコンセプトとそれを実現した丁寧なクルマ造り」。

全投票点数は下記の通り。

マツダ『ロードスター』:10点

ジャガー『XE』:6点

BMW『2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー』:4点

テスラ『モデルS P85D』:3点

トヨタ『シエンタ』:2点

金子浩久|モータリングライター

1961年、東京生まれ。主な著書に、『10年10万キロストーリー 1〜4』 『セナと日本人』『地球自動車旅行』『ニッポン・ミニ・ストーリー』『レクサスのジレンマ』『力説自動車』(共著)など。

  • 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター RS《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター RS《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター RS《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター RS《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ