【カーオブザイヤー15 選考コメント】妥協の無いクルマ作りとユニークなアイディアに感心…石川芳雄

業界 レスポンス

今年の一台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

モータージャーナリストの石川芳雄氏はホンダ『S660』に10点を投じた。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

「日本独自の軽自動車というカテゴリーにあって、規格を守りながら走る楽しさを真摯に追求している点を高く評価しました。ミッドシップのプラットホームや6速MTなど、専用開発の物が多い点に妥協の無いクルマ作りがうかがえます。また、取り外し式のソフトトップや、開閉式のリヤのセンターウインドーなど、ユニークなアイディアにも感心しました」。

全投票点数は下記の通り。

ホンダ『S660』:10点

ジャガー『XE』:6点

マツダ『ロードスター』:5点

BMW『2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー』:2点

スバル『レガシィ アウトバック/レガシィ B4』:2点

石川芳雄│モータージャーナリスト

学生時代から自動車関連書籍の仕事を始め、二輪を含む自動車評論活動は20年を超えた。クルマを趣味の対象としてだけでなく実用のツールとも考え、ファミリーカーとしての使い勝手や乗り心地なども評価基準の柱に加える。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

  • 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ