【カーオブザイヤー15 選考コメント】手の届く価格で夢を語れるクルマ…川端由美

業界 レスポンス

今年の一台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

自動車ジャーナリスト/環境ジャーナリストの川端由美氏はマツダ『ロードスター』に10点。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

「若者に限らず、多くの人にとって夢として語れる条件を備えたクルマである。ルーフを降ろして、青空の下を、このクルマのポテンシャル引き出して走るシーンを思い浮かべれてみれば、誰もがそのことに納得できるだろう。幌を上げているときのスタイリング、走らずともこのクルマを自分のガレージにしまうときの気分、そんなシーンの一つひとつが絵になる。今後、自動車を購入する動機としては、利便性以上に、所有する意味が求められる。だからこそ、こうした手の届く価格帯で夢を語れるクルマの存在が求められている。

S660についても、同じことがいえる。ただし、大人2人が小旅行に行ける程度の最低限の利便性を確保した点において、ロードスターが評価を高めた。ジャガーXEは、大人が乗りたいサルーンとして夢を語れる条件を満たしている。優美なスタイリングと先進性を感じるHMIを備えつつ、取り回しの良さや荷室の使い勝手といったサルーンに求められる実用性を備えており、この1台を所有することで人生が豊かになることが想像できる。特に、500万円アンダーのエントリーモデルでも、必要にして充分な実力を備えている点を評価した」。

全投票点数は下記の通り。

マツダ『ロードスター』:10点

ホンダ『S660』:7点

ジャガー『XE』:6点

BMW『2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー』:1点

テスラ『モデルS P85D』:1点

川端由美|自動車ジャーナリスト/環境ジャーナリスト

エンジニア、自動車雑誌の編集部員を経て、現在はフリーランス。自動車の環境問題と新技術を中心に、自動車専門メディア、自動車技術誌、ライフスタイル誌、経済誌といった幅広い分野に寄稿する。各国のモーターショーや技術学会を取材する国際派でもある。

  • 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP
  • 川端由美氏《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター S スペシャルパッケージ(MT)《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター RS《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター S スペシャルパッケージ(MT)《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ