【IIHS衝突安全】ホンダ/アキュラの8車、トップセーフティピック+に

新車 レスポンス

ホンダの米国法人、アメリカンホンダは12月10日、米国IIHS(道路安全保険協会)の2016年の安全性評価において、ホンダとアキュラの合計8車種が最高評価の「2016トップセーフティピック+」を獲得した、と発表した。

この8車種は、ホンダブランドが『アコードセダン』、『アコードクーペ』、『CR-V』、『パイロット』の2016年モデル4車種。

アキュラブランドが、『ILX』、『RLX』(日本名:ホンダ『レジェンド』)、『MDX』、『RDX』の2016年モデル4車種となる。

IIHSの「トップセーフティピック」を獲得するには、前面衝突、側面衝突、追突想定、スモールオーバーラップ衝突、横転の各耐衝撃性能試験の全てにおいて、最高の「GOOD」となるのが条件。また、前面衝突予防評価において、「ベーシック」を獲得することも要求される。

さらに上の「トップセーフティピック+」を受賞するには、トップセーフティピックの耐衝撃性能試験での最高評価とともに、前面衝突予防評価で「アドバンスド」、「スーペリア」のいずれかの獲得が必要になる。

アメリカンホンダのジョン・メンデル上級副社長は、「衝突事故を減らし、究極的には衝突事故をなくすという目標を追求していく」と述べている。

  • 森脇稔
  • ホンダ パイロット 新型
  • アキュラ ILX の2016年型
  • ホンダ CR-V
  • ホンダ アコード クーペ の2016年モデル
  • アキュラ RDX
  • アキュラ MDX
  • アキュラ RLX
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ