【カーオブザイヤー15 選考コメント】手頃な価格と性能を選べる多彩なラインナップ…川島茂夫

業界 レスポンス

今年の一台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

自動車評論家/日本自動車ジャーナリスト協会会員の川島茂夫氏はトヨタ『シエンタ』に10点を投じた。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

「手頃な価格とサイズのまま実現された多用途性は成熟した社会を背景とした多趣味時代のダウンサイザーにも適し、その特徴をハイブリッド車とガソリン車を揃えたことで価格と性能の両面から間口広く展開したことを評価しました」。

全投票点数は下記の通り。

トヨタ『シエンタ』:10点

BMW『2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー』:5点

フィアット『500X』:5点

ホンダ『S660』:3点

マツダ『ロードスター』:2点

川島茂夫|自動車評論家/日本自動車ジャーナリスト協会会員

来たるべき時代に標準化されるハードウェアは興味深い点のひとつだが、同時にそれはクルマにとって最も重要な人にとっての存在意義の変化ももたらす。しかも生活の多様化も進むばかり。その中からいずれ発露される潜在的なユーザーニーズの予測が非常に重要であり、それらを踏まえた上で各車各様な存在意義を論評の基本としている。

  • 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP
  • トヨタ シエンタ《撮影 太宰吉崇》
  • カラーバリエーションも豊富なトヨタ シエンタ《撮影 太宰吉崇》
  • トヨタ シエンタ《撮影 太宰吉崇》
  • トヨタ シエンタ《撮影 太宰吉崇》
  • トヨタ シエンタ《撮影 太宰吉崇》
  • トヨタ シエンタ ハイブリッド《撮影 太宰吉崇》
  • トヨタ シエンタ 車いす仕様車《撮影 諸星陽一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ