【カーオブザイヤー15 選考コメント】36年続く、その技術者魂を評価…石川真禧照

業界 レスポンス

今年の一台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

自動車生活探検家の石川真禧照氏はマツダ『ロードスター』に10点を投じた。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

「ライトウエイトスポーツというジャンルを36年間、4代にわたって造り続けてきた努力と、進化させてきた技術者魂に対して、4代目を推薦しました」。

全投票点数は下記の通り。

マツダ『ロードスター』:10点

ホンダ『S660』:9点

フィアット『500X』:3点

BMW『2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー』:2点

ジャガー『XE』:1点

石川真禧照│自動車生活探検家

日刊自動車新聞社を経て1971年からフリーの自動車評論家。1982年、I.W.オフィースを設立、自動車を中心としたメディア活動を開始する。自動車を生活の道具として捉える評論を得意とし、「自動車生活探検家」を名乗る。

  • 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP
  • 自動車生活探検家 石川真禧照氏《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター RS《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター RS《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター RS《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ