VWグループのディーゼル不正、原点は2005年

業界 レスポンス

一部ディーゼル車に、排出ガス試験を不正にクリアする違法ソフトウェアを搭載していたフォルクスワーゲングループ。不正に手を染めた時期が公表された。

これは12月10日、フォルクスワーゲングループがドイツで開催した記者会見の場で明らかにしたもの。同社は、問題発覚後、進めてきた内部調査の結果を開示し、監査役会のハンス・ディーター・ペッチュ会長は、「不正が始まったのは2005年から」と発表している。

同社によると、不正は2005年に始まった。EA189型と呼ばれる2.0リットル直列4気筒ターボディーゼル「TDI」搭載車を2005年、米国市場に投入することを決定。このエンジン搭載車の開発の決定が、不正の原点という。

この「2.0TDI」搭載車は2008年、米国市場で発売。フォルクスワーゲングループによると、限られた時間と予算内で、米国の排ガス規制(NOX)に適合させるのは困難と判断し、違法なソフトウェアに頼ったという。

フォルクスワーゲンは、世界最大の新車市場、中国での販売が好調。しかし、米国市場においては、販売が伸び悩んでいた。2008年のTDI搭載車の投入で、販売を回復させようという焦りが、不正に手を染めた一因と見られる。

  • 森脇稔
  • ドイツ・ウォルフスブルクのVW工場(参考画像)《写真 Getty Images》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ