【カーオブザイヤー15 選考コメント】軽自動車の概念を変えるこだわりの作りが好印象…五味康隆

業界 レスポンス

今年の一台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

モータージャーナリストの五味康隆氏はホンダ『S660』に10点を投じた。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

「走りの楽しさを求めて、小さく軽量な軽自動車企画のボディにミッドシップレイアウトを採用したその大胆なパッケージをまず評価。 加えてコクピット感の高い作りを含めた室内の作りの良さや、エンジン音をドライバーにダイレクトに届けるリアセンター部のウィンドウ構造など、軽自動車の概念を変えるこだわりの作りがあるのが好印象。 積載能力が低いことが唯一気がかりだったが、市場からの要望も受けて即座にカーゴパッケージを開発しだしている姿勢も評価」。

全投票点数は下記の通り。

ホンダ『S660』:10点

マツダ『ロードスター』:6点

BMW『2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー』:5点

ジャガー『XE』:3点

スバル『レガシィ アウトバック/レガシィ B4』:1点

五味康隆|1975年生まれ。自転車のトライアル競技で世界選手権に出場。4輪レースへ転向。全日本F3選手権に4年間参戦した後、モータージャーナリストとしての執筆活動を開始。各種安全運転スクールにおける講師を務めるなど、執筆活動を超えた分野にも関わる。

  • 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP
  • 五味康隆氏《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ