【カーオブザイヤー15 選考コメント】ユーザーフレンドリーな部分も見逃せない…田畑修

業界 レスポンス

今年の一台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

フリーランスライターの田畑修氏はマツダ『ロードスター』に10点。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

「1989年のデビュー以来、紆余曲折を経ながらも絶やすことなく2シータースポーツカーを世に出してきた姿勢をまず評価したい。そんな中で新型ロードスターはシャシー、ボディ全般を見直し、あえて過給に頼らない1.5リッタルエンジンで後輪駆動スポーツカーとして満足できるパフォーマンスを実現させている。一方でパッケージングにも気を配り、スポーツカーとしての性能を犠牲にせずにトランクルーム容積を確保し、開閉の楽なソフトップも開発するなどユーザーフレンドリーな部分も見逃せない」。

全投票点数は下記の通り。

マツダ『ロードスター』:10点

ジャガー『XE』:5点

ホンダ『S660』:4点

BMW『2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー』:3点

フィアット『500X』:3点

田畑修|フリーランスライター

1957年東京生まれ。1980年に日刊自動車新聞社に入社し、『輸入車ガイドブック』編集長などを歴任後、1998年からフリーランスに。古き良き時代のクルマ社会に関する記事や自動車産業の動向、参加型モータースポーツのレポートなどを手がける。

  • 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 吉田瑶子》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター RS《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター RS《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター RS《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ